デンプシー・レーシング レース

成功へのユニークな道

「努力を続け、集中し、決してあきらめない。そして何よりも一番好きなことをやる。」

パトリック・デンプシー パトリック・デンプシーが現れる以前、俳優業とモーターレースともに秀でたハリウッドスターはほとんどいませんでした。2つの領域でトップに上り詰めたのはさらに少数です。

パトリック・デンプシーはさらに希有な存在です。現代における最高のドライバー兼俳優であり、彼のデンプシー・レーシング・チームはアメリカとヨーロッパのレース・サーキットの常連です。そして最も権威ある耐久レース、ル・マン24時間レースで表彰台に上がると心に誓っています。それには常に情熱を追い求め、決してプレッシャーに負けないことが必要です。

タグ・ホイヤーのように…


最も偉大な俳優兼ドライバーの一人であったタグ・ホイヤーのアンバサダー、スティーブ・マックイーンは、レーシング映画「栄光のル・マン」の主演を務め、過酷なセブリング12時間レースにも果敢に挑戦しました。そして今、パトリック・デンプシーがマックイーンのル・マン伝説を受け継ぎ、さらに押し上げることを決意します。

今日のテレビ及び映画界における人気俳優のひとりである彼は、「今最もセクシーな男性」チャートの上位に登場するだけでなく、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、ラグナ・セカ、プチ・ル・マンで表彰台に上ったデンプシー・レーシングのオーナーでもあります。チームはこれまでにデイトナ・レースや過酷なオフロードのバハ・レースを走り、今年はIMSA チューダー・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップに参戦します。しかし、彼が照準を合わせているのは、耐久レースの中でも誰もが最もトロフィーを手にしたいと思うル・マン24時間レースでしょう。「グレイズ・アナトミー」でエミー賞に輝いたスターは2009年に24時間レースに初参戦し、パートナーのパトリック・ロングとともにGT2で9位に食い込みました。昨年はスティーブ・マックイーンがル・マンで運転した車の最新モデルであるポルシェ911 GT3に乗り込み、GTE−AMクラスで4位となりました。今年は5位に終わっています。来年も必ず戻ってきます。パトリック・デンプシーは、決してあきらめることをしないから。彼は限界を押し上げる方法を知っています。限界を認めない先駆者であり、何があっても決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む