クリスティアーノ・ロナウド 完全主義者

成功へのユニークな道

「私は一番になりたいという情熱を、隠そうとしたことは一度もありません。」

クリスティアーノ・ロナウドが現れる以前、どんなに世界一になりたいと思っても、それを声高に叫んだ者はいませんでした。黙ってルールに従わなければ、ベンチに下げられてしまうからです。

しかしロナウドを通して、リスクを恐れずに限界を押し上げ、自身のルールを定めていくことを人々は学んだのです。 コーチに言われるがままにプレーをするのではなく、自分で獲物を嗅ぎ分け、自分だけが見て感じることのできるディフェンスの弱点を攻め、決してプレッシャーに負けてはならないということを。

タグ・ホイヤーのように…

クリスティアーノ・ロナウドはすべての記録を打ち破るために生まれてきました。彼のモチベーションはあらゆることに勝ち、人間の統計データに挑戦することです。
ロナウドのニックネームである「CR7」は、彼のイニシャルと背番号に由来します。以前所属していたマンチェスター・ユナイテッド、そして現在の所属チームであるレアル・マドリード、さらにポルトガル代表選手として永遠に背負う背番号7。

兄弟姉妹と一緒に小さな部屋で寝起きをしていたロナウドは、今や世界のサッカー界のスポットライトを一身に浴びています。彼が特別なのは、その体型でもスキルとスピードでもなく、フィールドの内でも外でも誰よりも努力をしているからなのです。毎日3000回のアブドミナル・クランチをこなし、時速33kmで疾走する。サッカー界一の速さです。サッカー史上最高金額プレーヤーであり、FIFAバロンドールを2回獲得、2013年には59試合中驚愕の69ゴールと17アシストを達成。ロナウドは近代競技の頂点を極めます。恐れずにあらゆる記録を打ち破り、すべての名誉を勝ち取る決意をしたロナウドは、限界を認めない先駆者かつ時の変革者であり、何があっても決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのように。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。