ストーリー

チェン・ダオミン(陳 道明)

チェン・ダオミン(陳 道明)は、中国で世代を超えた多くのファンの尊敬や賞賛を一身に集める存在でありながら、その物腰はいたって穏やかで、ひたむきに芸に打ち込む中国を代表する俳優です。特に、中国のテレビドラマ『康熙王朝』で彼が演じた勇敢で、威厳があり、頭脳明晰な「康熙帝」は、彼の性格を最も適切に表現したものと考えられています。

 

天性の才能とすぐれた順応性をもつダオミンは、役になりきることのできる俳優として有名で、貧しい農民から権力をほしいままにしている皇帝に至るまで、彼の完璧なまでの演技は、常に、中国の視聴者をテレビの前に釘付けにしてきました。

 

1984年のテレビドラマ『ラストエンペラー~末代皇帝』で青年時代の溥儀を演じてブレークすると、1990年には『囲城』で主人公の方鴻漸を演じ、その人気を不動のものとします。その後数多くの映画やドラマでさまざまな役を演じ、中国皇帝ドラマにはなくてはならない存在となります。数々の賞を受賞しているダオミンですが、国際的には、チャン・イーモウ監督の大作映画『HERO』での冷酷な「始皇帝」役や2003年の映画『インファナル・アフェアIII 終極無間』の潜入捜査官シェン・チェン役が有名です。

 

輝かしい俳優としてのキャリアに決して満足することなく、常に挑戦し続けるダオミンは、監督、プロデュー
サー、ビジネスマンの顔も併せ持ちます。「人間の最大の財産は、毎日の生活を通して得られる経験だと思っています。私は苦しかった時代を自分の宝だと考えますが、それはそうした苦労が人間としての価値を決めるからです」とダオミンは言います。そんなダオミンのすぐれた業績と高い精神性は、150年の歴史を刻む今でも決してパイオニア精神を忘れないタグ・ホイヤーのアンバサダーと呼ぶにふさわしいもの。俳優人生に注ぎ込むその情熱あふれる創造性は、タグ・ホイヤーの時計作りにおける革新性や完璧さへのこだわりと共鳴します。

 

タグ・ホイヤーと同様、ダオミンも彼がすでに演じて大好評を博した数々の役の中で次の役の基礎を見つけています。それは、エレガントな魅力が繊細に香る「カレラ キャリバー 16 自動巻クロノグラフ ヘリテージ」が、1964年に誕生したオリジナルの「カレラ」がもつジャック・ホイヤーの洗練されたデザインにインスピ
レーションを得たのとよく似ています。

{$content}