アルベルト・アインシュタイン 天才

成功へのユニークな道

「まずゲームのルールを知らなければなりません。そして誰よりもうまくプレーするのです。」

アルベルト・アインシュタインが現れる以前、時間とは脳みそをくるむようなシンプルな概念でした。それは直線的で、一様に予測可能で、無変化の空間を通して一定のペースで前に進み続けるものでした。

アインシュタインによって、すべてはもっと複雑なもので、刺激的で加速されるものになったのです。時間とは絶対的なものではなく相対的なものであり、すべての物体に個別にある、宇宙からの視点なのです。彼の時限爆弾は、私たちの場所や時間に関する概念を含めたすべてを変えてしまいました。時間旅行を説得性のあるものにし、永遠性を現実にしてしまったのです。

タグ・ホイヤーのように…

若きアルベルトは既成概念に反抗し、権力と衝突しました。
学校はつまらなく、先生はかたくなで退屈でした。そこで彼はほとんど何もせずひたすらユークリッドを読んで知性を高め、その合間には哲学や物理学の本を熱心に読みました。彼は早くから幾度となく失敗に直面していました。それは父親の失敗に始まり、そして自分自身の失敗もありました。

チューリッヒ連邦工科大学の入学試験でも失敗し、やっと卒業した後は2年もの間ヨーロッパ中を探し歩いたにもかかわらず、教職の口を見つけることができませんでした。そのため仕方なく目標を下げ、補助事務員の仕事に就きます。ベルンのスイス特許事務所の机で精密に調整された時間管理メカニズムに関する特許の処理中に、突如として彼の頭の中を時計の同期化から列車のスケジュールとタイムゾーン、列車が駅に入りオブザーバーが時計をチェックする、同時性による問題などが駆け巡りました。これがいわゆる「思考実験」の元となり、ニュートン物理学の基礎を固め、原子力エネルギーから宇宙飛行、USBドライブ、スマートフォンまであらゆるものの理論ヘの道を開きました。アインシュタインは科学的なだけでなく倫理的でもあり、公民権運動の広がりにも貢献しています。音楽を愛し、数百に及ぶ科学の記事や本を執筆し、自由と平和、正義の代弁者でもありました。彼の名前が天才の代名詞であることも偶然ではないのです。タグ・ホイヤーのように控えめに、限界を認めない先駆者であり、あらゆる限界に創造性と情熱を持って挑戦し、それを押し広げました。アインシュタインこそ私たちの価値と願望の体現者です。

詳細を読む

アンバサダー

150年以上にわたり、タグ・ホイヤーはあらゆる限界に挑戦し、それを超えてきました。スイスの時計製造の歴史ある伝統に挑み、精度と性能においてさらに上を目指します。自分自身でルールを定め、自ら道を選び、常に前進し続けます。妥協を許さず、決してプレッシャーに負けません。タグ・ホイヤーのアンバサダーたちのように。