時計-メンズおよびレディスのスイス製高級時計
タグ・ホイヤーによるメンズおよびレディス時計

いずれの時計も精密工学、高品質、スポーツの伝統を備えた逸品です。これがタグ・ホイヤーのDNAです。このことは、高級スポーツウォッチおよびクロノグラフの世界的リーダーとしてのタグ・ホイヤーの位置を確実なものにしています。

スイス製時計は、高品質と高精度であることで有名です。また、スイス製時計の世界では、タグ・ホイヤーの時計は高品質で高精度であるだけでなく、アヴァンギャルドなデザインと最先端技術を備えていることで知られています。卓越性をインスパイアするものはスポーツの伝統であり、メンズおよびレディスの高級時計を創り出すのは高品質の素材です。

エドワード・ホイヤーがスイスのジュラ山脈に最初の工房を構えた1860年以降、タグ・ホイヤーは、クロノグラフの精度を一貫して向上させ続けています。1916年に製造された1/100秒の精度での計時を可能にした世界初のスポーツ用ストップウォッチ、マイクログラフは時計愛好家および時計産業に大いなる驚きをもたらしました。その後も、1/1000秒の精度で測定および表示ができる世界で唯一の機械式クロノグラフ、マイクロタイマー フライング1000を、続いて2012年には、前例のない5/10,000秒の精度を実現したマイクロガーダー コンセプト ウォッチを誕生させました。今日、タグ・ホイヤーは驚くべき桁数の小数部での計時が可能な機械式および自動巻きクロノグラフを製造できる唯一のスイス時計ブランドとなっています。

タグ・ホイヤーはその歴史を通じて、海、陸、空の時を計測する最前線を走り続けています。日付表示からフライバック針に至るまで、タグ・ホイヤーの技術革新は世界中の高級スポーツウォッチの一流メーカーに採用されています。エドワード・ホイヤーが1886年に発明したマイクロタイマー用の振動ピニオンは、現在、あらゆる機械式クロノグラフで使われています。2004年、ベルト駆動とボールベアリングによる計時方式にリニューアルされたモナコ V4 コンセプト ウォッチは、ジュネーブで熱狂的な人気を博しました。

このような優れた技術革新の伝統は、2010年のタグ・ホイヤー ペンデュラムへと受け継がれました。3世紀に渡って時計製造の基本であったバランスホイールとヒゲぜんまい機構に取って代わる革新的なコンセプトが誕生したのです。時計製造史上初めて、バランスホイールの振動はヒゲぜんまいではなく、磁石によって駆動されるものとなりました。これはとてつもない偉業でした。このようなインスピレーションはどこから得られたものなのでしょう?

それはスポーツ競技との長きに渡る積極的な関わりから生まれたものです。タグ・ホイヤーのモータースポーツとの長年の関係は伝説となっています。1970年代のフェラーリ・チームや25年に渡るマクラーレンF1との栄光の日々。タグ・ホイヤー フォーミュラ1、モナコ、カレラ、グランド カレラ クロノグラフの非の打ちどころのない性能は、このようなスピードと性能への愛から生み出されたものです。それぞれの時計ひとつひとつが、デザイン性、技術力、高性能、高精度を備えた最高傑作です。

また、ヨット、海洋レース、スキューバダイビングなどのマリンスポーツの世界から誕生したアクアレーサーは、海に必須のスポーツウォッチです。アメリカズカップ優勝を目指すオラクル レーシング チームの腕には、アクアレーサーが誇らしげに輝いていました。彼らには、優れたパフォーマンスとほんの一瞬を争うという点で、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを結ぶにふさわしい共通の価値観がありました。

このプロスポーツへの情熱は、超軽量のプロフェッショナル スポーツ ウォッチおよびアイコニックなリンク シリーズの開発へとつながりました。絶え間なく技術革新、高性能、高級感を追求するタグ・ホイヤーは、さらなる高みを目ざし続けています。卓越性の追求は、テニスプレイヤーのマリア・シャラポワやF1チャンピオンのジェンソン・バトンなどのスポーツ界のパワフルなアンバサダーとのパートナーシップに反映されています。魅力的なキャメロン・ディアス、アイコニックなスティーブ・マックイーン、中国人の陳 道明、インド人のシャー・ルク・カーンらは、同様にタグ・ホイヤーのカリスマ的アンバサダーであり、タグ・ホイヤーの一貫性、情熱、卓越性を共有しています。

タグ・ホイヤーのメンズ時計は、タグ・ホイヤーのレーシングとの長年に渡る関わり、およびに優れた素材を用いて高精度を追及し続けてきたことによる革新的なタイムピースです。レディス時計においても同様に、高性能と優れた信頼性を尊重するタグ・ホイヤーの価値観を表現されています。タグ・ホイヤーは最も早くからレディス時計のデザインを手掛けてきました。ダイヤモンド、セラミック、マザーオブパールなどの高級素材を使ったタグ・ホイヤーのレディス時計は、エレガントで魅力的なデザインを備えており、女性らしさを際立たせます。

Tag Heuer : A Chronology

  1. 1860 エドワード・ホイヤー
  2. 1887 振動ピニオンの発明
  3. 1911 タイム・オブ・トリップの特許取得
  4. 1916 精度、更なるブレークスルー
  5. 1962 タグ・ホイヤー、スイスの時計メーカーとして初めて宇宙へ
  6. 1963 タグ・ホイヤー カレラ発表
  7. 1969 クロノマティック キャリバー 11
  8. 1971 スティーブ・マックイーン、モナコを着用
  9. 1985 マクラーレン・メルセデス
  10. 2004 モナコ V4
  11. 2012 マイクロガーダー
  12. 1869 タグ・ホイヤー初の特許
  13. 1876 英国に子会社設立
  14. 1883 アムステルダム国際展示会にて
  15. 1887 振動ピニオンの特許取得
  16. 1887 エドアルド・ホイヤーの息子が経営に参加。
  17. 1888 ジュール=エドアルド・ホイヤー
  18. 1889 パリ・ワールドフェアにて
  19. 1891 チャールズ・オーガスト・ホイヤー
  20. 1892 エドワード・ホイヤー死去
  21. 1895 防水ケースの特許
  22. 1908 パルスメーターダイヤルの特許
  23. 1910 米国市場
  24. 1911 タイム・オブ・トリップ
  25. 1912 レディース ウォッチ
  26. 1914 腕に装着できる初のクロノグラフ
  27. 1916 「マイクログラフ」と「マイクロスプリット」:1/100秒の精度
  28. 1916 1/50秒の精度を誇る「セミクログラフ」と「セミクロスプリット」
  29. 1920 スポーツ用クロノグラフ
  30. 1923 ヒューバート・ホイヤー
  31. 1924 オリンピック、パリ大会で公式計時担当
  32. 1928 オリンピック、アムステルダム大会で公式計時担当
  33. 1930 パイロット用クロノグラフ
  34. 1931 オーギュスト・ピカール教授がタグ・ホイヤーを着用
  35. 1933 「オータビア」のダッシュボード計器
  36. 1934 バーゼルウォッチフェア1934
  37. 1939 防水機能を備えたリストクロノグラフ
  38. 1945 アイゼンハワー元帥がタグ・ホイヤーを着用
  39. 1947 世界のエリートがタグ・ホイヤーを着用
  40. 1948 「オートグラフ」
  41. 1949 「ソルナール」
  42. 1950 「マレオグラフ」
  43. 1955 「ツインタイム」
  44. 1957 世界初の「リングマスター」
  45. 1958 ジャック・ホイヤー
  46. 1959 米国の子会社
  47. 1960 「セブリング」
  48. 1962 スイスの時計メーカーとして初めて宇宙へ
  49. 1963 ハリウッドの「フィルムマスター」
  50. 1963 クロノグラフ「カレラ」を発表
  51. 1965 「カレラ」の進化
  52. 1966 「マイクロタイマー」:1/1,000秒の精度
  53. 1967 エミル・モスバッハの「イントレピッド」 - アメリカズカップ
  54. 1968 「カメロ」クロノグラフ
  55. 1969 自動巻クロノグラフ「オータビア」と「カレラ」
  56. 1969 マイクロローターを備えた「クロノマティック」
  57. 1970 スティーブ・マックイーンと伝説の「モナコ」
  58. 1970 クレイ・レガツォーニ
  59. 1971 フェラーリがタグ・ホイヤーを選択
  60. 1972 「カリキュレーター」
  61. 1972 「モントリアル」クロノグラフ
  62. 1972 「テンポラーダ」クロノグラフ
  63. 1973 1/100秒の精度
  64. 1974 「シルバーストーン」クロノグラフ
  65. 1975 LCD表示の「マイクロスプリット」
  66. 1976 「デイトナ」クロノグラフ
  67. 1977 「クロノスプリット・マンハッタンGMT」
  68. 1978 レイクプラシッドとモスクワのオリンピック
  69. 1983 「2000シリーズ」
  70. 1985 マイク・バーチの「フォルミュールTAG」 - ルト•ドゥ• ロム単独大西洋横断ヨットレース
  71. 1986 「フォーミュラ1」シリーズ
  72. 1987 6大機能
  73. 1987 「S/el(スポーツ・エレガンス)」
  74. 1988 タグ・ホイヤーのアンバサダー、アイルトン・セナ
  75. 1989 スキー競技ワールドカップの公式計時担当
  76. 1991 Don't crack under pressure(プレッシャーに負けるな)
  77. 1992 F1の公式計時担当
  78. 1993 ティトゥアン・ラマズの「タグ・ホイヤー」 - ジュール・ヴェルヌ・トロフィー
  79. 1994 バーゼルの新ブース
  80. 1995 クリス・ディクソンの「タグ・ホイヤー・チャレンジ号」 - アメリカズカップ
  81. 1995 Success. It's a mind game(成功。それは一つの心理戦である。)
  82. 1997 「キリウム」を発表
  83. 1999 「アルターエゴ」を発表
  84. 2000 「キリウムTi5」を発表
  85. 2001 ジャック・ウィリアム・ホイヤー
  86. 2001 「キリウムF1」を発表
  87. 2001 「モンツァ キャリバー36」
  88. 2002 スポーツビジョン
  89. 2002 「F1マイクログラフ」がデザインウォッチ賞を受賞
  90. 2002 「オラクルBMW レーシング」 - ルイ・ヴィトンカップ
  91. 2002 What are you made of?(挑戦する強い意志があるか?)
  92. 2003 「モナコ69(Sixry Nine)」
  93. 2003 FIS世界選手権大会の公式計時担当
  94. 2003 「マイクロタイマー」:1/1,000秒の精度
  95. 2004 V4コンセプトウォッチ
  96. 2004 「2000アクアレーサー」
  97. 2004 「インディ500」クロノグラフ
  98. 2005 「キャリバー360」の製作
  99. 2005 「プロフェッショナル・ゴルフウォッチ」
  100. 2006 「カレラ キャリバー360 ローズゴールド」
  101. 2006 「モナコ Calibre 360 LS」
  102. 2007 バーゼルの新ブース
  103. 2007 「リンク Calibre S」
  104. 2007 タグ・ホイヤーによる「グランドカレラ」
  105. 2008 タグ・ホイヤー360ミュージアム
  106. 2008 「グランドカレラ Cal.36 RSキャリパー」
  107. 2009 TAG Heuer Monaco V4
  108. 2010 ペンデュラム
  109. 2010 自社製ムーブメント キャリバー1887
  110. 2010 タグ・ホイヤー カレラ1887コレクション
  111. 2011 モンツァ
  112. 2011 マイクログラフ
  113. 2012 マイクロタイマー フライング1000
  114. 2012 マイクロガーダー
  115. 2012 新しいリンク レディ コレクション
  116. 2013 タグ・ホイヤー カレラ マイクロペンデュラム
  117. 2013 タグ・ホイヤー カレラ マイクロペンデュラムズ