ストーリー

ジェンソン・バトン

ジェンソン・バトンは世界チャンピオンのタイトルを獲得した翌年の2010年、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスに加入しました。初年度には214ポイントを獲得してチームをコンストラクターズで準チャンピオンに導き、2011年には270ポイントを納めてドライバーズでも準チャンピオンを獲得しました。加入以来、チームの成功に貢献しています。2011年のカナダGPで見せたような芸術的パフォーマンスが印象的なドライバーです。

 

多くのドライバーと同様に、ジェンソンは、レーサーとしてのキャリアをカートから始めました。ただし、ほとんどのドライバーと違って、彼は17歳で、スーパーAクラス・ヨーロッパ選手権の史上最年少チャンピオンになりました。イギリス・フォーミュラ3シリーズでも強さを見せつけた後、2000年には最高レベルのフォーミュラ1にほぼ当然のように受け入れられました。

 

しかし、ジェンソンのF1での最初の数年は平坦な道のりではありませんでした。たびたびのチーム移籍やオー
ナーの変更によって、彼の集中力や適応力が限界まで試されました。それでも彼は、2006年、ハンガリーでホンダチームにフォーミュラ1の優勝をもたらしました。この勝利はホンダにとって1967年以来の初勝利であり、バトンにとっては初のグランプリ優勝でした。しかし、2008年にホンダが撤退すると、バトンは取り残され、2009年シーズンに所属するチームがありませんでした。幸運にも、ぎりぎりのところでマネージメントが買収され、彼はブラウンGPのチームで引き続きドライバーを続けることができました。2009年F1チャンピオンの座を獲得し、批評家たちを黙らせたのは、バトンの才能と集中力の証です。

 

ジェンソン・バトンは、ジャック・ホイヤーがデザインした1964年のカレラを進化させた21世紀のカレラ キャリバー1887 自動巻クロノグラフを着用しています。キャリバー1887は、スイスのジュラ山脈のタグ・ホイヤーのアトリエで製造された、非常に洗練された自社製機械式ムーブメントです。毎時28,800回の振動数を誇るキャリバー1887の39石を有するムーブメントは、320個の部品から構成されています。全ての部品がスムーズに動作し、究極の精度を実現します。