1860年以来 時を刻む

2007

バーゼルの新ブース

「リンク」シリーズ誕生20周年を記念して、再びオッタヴィオ・ディ・ブラシに対し、タグ・ホイヤー独自のビジョンと推進力を具現化するバーゼルワールド用ブースをデザインするよう依頼しました。その結果、「タグ・ホイヤーSKIN」の誕生に皆息を呑むことになったのです。これは技術とデザインの融合を記念するにふさわしいものでした。