1860年以来 時を刻む

1924

オリンピック、パリ大会で公式計時担当

  オリンピック、パリ大会:公式ストップウォッチとして、タグ・ホイヤーのスプリットセコンド・ポケットクロノグラフが選ばれ、1920年のアントワープ、1924年のパリ、1928年のアムステルダムと、3大会連続オリンピックで採用されました。