時計-メンズおよびレディスのスイス製高級時計
タグ・ホイヤーによるメンズおよびレディス時計

いずれの時計も精密工学、高品質、スポーツの伝統を備えた逸品です。これがタグ・ホイヤーのDNAです。このことは、高級スポーツウォッチおよびクロノグラフの世界的リーダーとしてのタグ・ホイヤーの位置を確実なものにしています。

スイス製時計は、高品質と高精度であることで有名です。また、スイス製時計の世界では、タグ・ホイヤーの時計は高品質で高精度であるだけでなく、アヴァンギャルドなデザインと最先端技術を備えていることで知られています。卓越性をインスパイアするものはスポーツの伝統であり、メンズおよびレディスの高級時計を創り出すのは高品質の素材です。

エドワード・ホイヤーがスイスのジュラ山脈に最初の工房を構えた1860年以降、タグ・ホイヤーは、クロノグラフの精度を一貫して向上させ続けています。1916年に製造された1/100秒の精度での計時を可能にした世界初のスポーツ用ストップウォッチ、マイクログラフは時計愛好家および時計産業に大いなる驚きをもたらしました。その後も、1/1000秒の精度で測定および表示ができる世界で唯一の機械式クロノグラフ、マイクロタイマー フライング1000を、続いて2012年には、前例のない5/10,000秒の精度を実現したマイクロガーダー コンセプト ウォッチを誕生させました。今日、タグ・ホイヤーは驚くべき桁数の小数部での計時が可能な機械式および自動巻きクロノグラフを製造できる唯一のスイス時計ブランドとなっています。

タグ・ホイヤーはその歴史を通じて、海、陸、空の時を計測する最前線を走り続けています。日付表示からフライバック針に至るまで、タグ・ホイヤーの技術革新は世界中の高級スポーツウォッチの一流メーカーに採用されています。エドワード・ホイヤーが1886年に発明したマイクロタイマー用の振動ピニオンは、現在、あらゆる機械式クロノグラフで使われています。2004年、ベルト駆動とボールベアリングによる計時方式にリニューアルされたモナコ V4 コンセプト ウォッチは、ジュネーブで熱狂的な人気を博しました。

このような優れた技術革新の伝統は、2010年のタグ・ホイヤー ペンデュラムへと受け継がれました。3世紀に渡って時計製造の基本であったバランスホイールとヒゲぜんまい機構に取って代わる革新的なコンセプトが誕生したのです。時計製造史上初めて、バランスホイールの振動はヒゲぜんまいではなく、磁石によって駆動されるものとなりました。これはとてつもない偉業でした。このようなインスピレーションはどこから得られたものなのでしょう?

それはスポーツ競技との長きに渡る積極的な関わりから生まれたものです。タグ・ホイヤーのモータースポーツとの長年の関係は伝説となっています。1970年代のフェラーリ・チームや25年に渡るマクラーレンF1との栄光の日々。タグ・ホイヤー フォーミュラ1、モナコ、カレラ、グランド カレラ クロノグラフの非の打ちどころのない性能は、このようなスピードと性能への愛から生み出されたものです。それぞれの時計ひとつひとつが、デザイン性、技術力、高性能、高精度を備えた最高傑作です。

また、ヨット、海洋レース、スキューバダイビングなどのマリンスポーツの世界から誕生したアクアレーサーは、海に必須のスポーツウォッチです。アメリカズカップ優勝を目指すオラクル レーシング チームの腕には、アクアレーサーが誇らしげに輝いていました。彼らには、優れたパフォーマンスとほんの一瞬を争うという点で、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを結ぶにふさわしい共通の価値観がありました。

このプロスポーツへの情熱は、超軽量のプロフェッショナル スポーツ ウォッチおよびアイコニックなリンク シリーズの開発へとつながりました。絶え間なく技術革新、高性能、高級感を追求するタグ・ホイヤーは、さらなる高みを目ざし続けています。卓越性の追求は、テニスプレイヤーのマリア・シャラポワやF1チャンピオンのジェンソン・バトンなどのスポーツ界のパワフルなアンバサダーとのパートナーシップに反映されています。魅力的なキャメロン・ディアス、アイコニックなスティーブ・マックイーン、中国人の陳 道明、インド人のシャー・ルク・カーンらは、同様にタグ・ホイヤーのカリスマ的アンバサダーであり、タグ・ホイヤーの一貫性、情熱、卓越性を共有しています。

タグ・ホイヤーのメンズ時計は、タグ・ホイヤーのレーシングとの長年に渡る関わり、およびに優れた素材を用いて高精度を追及し続けてきたことによる革新的なタイムピースです。レディス時計においても同様に、高性能と優れた信頼性を尊重するタグ・ホイヤーの価値観を表現されています。タグ・ホイヤーは最も早くからレディス時計のデザインを手掛けてきました。ダイヤモンド、セラミック、マザーオブパールなどの高級素材を使ったタグ・ホイヤーのレディス時計は、エレガントで魅力的なデザインを備えており、女性らしさを際立たせます。

19 5月. 1台目のフォーミュラE レースカーが各チームの手に

  • 1

ドニントンパークに新しいフォーミュラE本部と各チーム専用施設がオープン

英国、レスタシャー(2014年5月15日): 本日、新しいFIAフォーミュラE チャンピオンシップに参戦する10チームに1台目のスパーク・ルノーSRT_01Eレースカーが引き渡されました。同時に、最新技術を集結させた施設が正式にオープンしました。

スケジュール通り、各チームに化石燃料を使用しないシングルシーターの完全電気自動車が1台ずつが受け渡されました。これは、スパーク・レーシング・テクノロジーが設計および製造を手がけ、モータースポーツ界大手のマクラーレン、ウィリアムズ、ダラーラ、ルノー、ミシュランによる協力のもと、共同事業として完成を遂げました。

およそ14週間かけて44,000平方フィートの敷地に建設された最先端の施設は、今後3年以上の間フォーミュラEの運営本部として使用されます。この施設には総勢150名以上にのぼるスタッフのためのオフィス、ストア、ワークショップなどが用意されています。

このイベントには、フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグ、ドニントンパークのオーナー兼社長ケビン・ウィートクロフトによって招待された250人以上のゲストが参加しました。その中には、ヴァージンレーシングのドライバーとして発表されたサム・バードとハイメ・アルグエルスアリ、e.damsの共同チームマネージャーであるアラン・プロスト、州議会議員、ノースウェスト・レスタシャー・カウンシルの州知事、LLEP(レスター&レスタシャー産業パートナーシップ)の委員、地方の名士、マスコミ関係者などの姿が見られました。

アレハンドロ・アガグは次のようにコメントしています。「今日は、FIAフォーミュラE チャンピオンシップの創世記において非常に重要なマイルストーンとなりました。我々がこの150mphの素晴らしい完全電気自動車を発表したのは2013年9月のことでした。3000km以上におよぶ厳しい実験を経て、ついに10のチームにこの車を引き渡すことができたことを大変嬉しく思います。これを実現させてくれたフレデリック・ヴァスールとスパーク・レーシング・テクノロジーの彼のチーム、そして開発に携わった我々のパートナー、マクラーレン、ウィリアムズ、ダラーラ、ルノー、ミシュランにとても感謝しています。

今日、最新の環境および持続可能な建築基準で建設した新しい施設に全チームを正式に迎えました。ケビン・ウィートクロフトおよびクリストファー・テートが率いるドニントンパーク・チームと共に、ノースウェスト・レスタシャー・カウンシル、LLEP(レスタシャー地域産業パートナーシップ)、地域成長ファンドの協力によって、このような短期間で目標を達成できたことを誇りに思っています。我々にとって新しい運営本部のオープンは喜ばしい出来事であり、急速に成長する英国のモータースポーツ産業の一端を担っていることを光栄に思います。」

フォーミュラEは、FIAが新たに開催するシングルシーターの完全電気自動車によるチャンピオンシップであり、これは新世代のモータースポーツのファンの注目を集めるだけではなく、同時に電気自動車および持続可能性への関心を高めることを目的としています。レースは市街地に一時的に設けられたトラックを使って行われ、150mph(225kph)以上のスピードを出せる車が使用されます。参戦する10チームには、アラン・プロストやマイケル・アンドレッティなどの国際的に有名なドライバーだけでなく、サー・リチャード・ブランソンなどの環境保護活動家も携わっています。現時点で全10チームの20人のドライバーのうち、ルーカス・ディ・グラッシ、ダニエル・アブト、サム・バード、ハイメ・アルグエルスアリの4人の名前が発表されています。

ドニントンパーク・レーシングLtdの会長であるケビン・ウィートクロフトは次のように述べています。「建設開始からわずか14週間でこれらすべてを作り上げたフォーミュラEの作業グループ、ドニントンパークの建設会社およびスタッフたちに心からの賞賛を捧げます。今日という日はドニントンパークに関わるすべての人々にとって、英国のモータースポーツ産業の中心に返り咲くことのできたとても誇らしい日です。我々はこの施設内のフォーミュラE本部で働くことになる150人の高度な技術を持ったエンジニアたちを迎えることを楽しみにしています。また、今後も開発や改善が続けられていくことを期待しています。今後も間違いなくドニントンパークにとって刺激的な時期が続くことでしょう。」

ドニントンパークでは、7月3日からフォーミュラE プレシーズン・テストが開催され、期間中の5日間は無料で一般公開されます。次のフォーミュラE カーの納入は6月16日を予定しており、各チームには7月15日までに合計4台が引き渡されます。世界10都市で行われるフォーミュラE レースの初戦は、9月13日に北京での開催を予定しています。

フォーミュラEの商業面は、今後もロンドン オフィスが担当致します。

また、このイベントでは、アレハンドロ・アガグによって、テクニカル・パートナーのルノーが開発した完全電気自動車ZOEが紹介されました。

フォーミュラEについての詳細は公式サイト(www.fiaformulae.com)ご覧いただけます。ドニントンパークの詳細およびプレシーズン・テストの無料登録については、www.donington-park.co.ukにてご覧いただけます。