21 2月. タグ・ホイヤーの移動展覧会「ラ・メゾン」が、クアラルンプールから壮大な旅を開始

タグ・ホイヤーの移動展覧会「ラ・メゾン」が、クアラルンプールから壮大な旅を開始

2014年2月19日、マレーシア、クアラルンプール

スイス時計製造のパイオニアであるタグ・ホイヤーが、移動ミュージアムをオープン。タグ・ホイヤーをテーマとしたこれまでで最も重要なミュージアムです。その輝かしい歴史を記念するとともに、極めて貴重な宝物を世界にお披露目しました。

最初の開催地クアラルンプール

クアラルンプール市長が、地元および地域の招待客やメディアを前に、この展覧会のオープニングを執り行いました。タグ・ホイヤーにとってまさに誇らしい瞬間となりました。

コンセプト – ラ・メゾンは、革新とアバンギャルド、エネルギッシュさと強さ、豪華さと感動という、タグ・ホイヤーを特徴付ける価値を記念するものです。100m2に及ぶ構造を調整可能な会場には、高さ2m40cmの天井があり、歴史的に有名な素晴らしいタイムピース60本が展示されます。これらのタイムピースは、タグ・ホイヤー360ミュージアムの常設コレクションとホイヤー家のプライベートな宝物から厳選されたものです。

「最古のストップウォッチから最新のクロノグラフに至るまで、この展覧会では、タグ・ホイヤーとは何なのか、そして何によって成り立っているのかをご紹介します。」と、タグ・ホイヤーのCEO兼社長ステファン・ランダーが誇らしげに語りました。

ザ・ツアー - 次の開催地は上海で、その後北京、香港と続きます。それらの地においても注目を集めることでしょう。それからソウルへと移動し、太平洋を横断して、ラスベガス、ヒューストン、フィラデルフィア、マイアミ、ダラスでアメリカンドリームを実現します。お見逃しなく:各地における平均開催期間は、わずか10日です。一回しか体験できないイベントです。時計コレクター、モーターレースファン、デザイン専門家の方、そしてタグ・ホイヤーのレジェンドをこよなく愛する皆様に必見の内容となっています。

イベントの動画を見る