23 6月. タグ・ホイヤーのレーシング アンバサダーがル・マン24時間耐久レースとサルデーニャ ラリー(イタリア)で見事勝利を収めました

土曜日にセバスチャン・オジェは、サルデーニャで世界ラリー選手権において今シーズン4度目の優勝を飾り、イタリアにおける3日間で圧倒的な力を見せ付けました。

フランス人のラリードライバーであるオジェは、ドライバーズポイント争いで2位のヤリマティ・ラトバラに64点差をつける154ポイントで首位に立っています。

過酷なル・マン24時間耐久レースで、アウディスポーツは12回目の優勝を果たし、タグ・ホイヤーとパートナーシップを結んでからは4度目となりました。

ロイック・デュバル、トム・クリステンセンとアラン・マクニッシュが表彰台の最上段に、またチームメイトであるマルク・ジェネ、オリバー・ジャービスやルーカス・ディ・グラッシが3位に食い込みました。

経営トップ陣とドライバーは、タグ・ホイヤーのロゴが入った衣服と手首にはタグ・ホイヤー製のカレラ クロノグラフを着用してそのブランドを誇らしげに掲げました。

これまで世界耐久選手権でドイツのレーシングチームは他を凌駕しています。

アウディスポーツのチームのみなさんおよびセバスチャン・オジェ、おめでとうございます!