時計-メンズおよびレディスのスイス製高級時計
タグ・ホイヤーによるメンズおよびレディス時計

いずれの時計も精密工学、高品質、スポーツの伝統を備えた逸品です。これがタグ・ホイヤーのDNAです。このことは、高級スポーツウォッチおよびクロノグラフの世界的リーダーとしてのタグ・ホイヤーの位置を確実なものにしています。

スイス製時計は、高品質と高精度であることで有名です。また、スイス製時計の世界では、タグ・ホイヤーの時計は高品質で高精度であるだけでなく、アヴァンギャルドなデザインと最先端技術を備えていることで知られています。卓越性をインスパイアするものはスポーツの伝統であり、メンズおよびレディスの高級時計を創り出すのは高品質の素材です。

エドワード・ホイヤーがスイスのジュラ山脈に最初の工房を構えた1860年以降、タグ・ホイヤーは、クロノグラフの精度を一貫して向上させ続けています。1916年に製造された1/100秒の精度での計時を可能にした世界初のスポーツ用ストップウォッチ、マイクログラフは時計愛好家および時計産業に大いなる驚きをもたらしました。その後も、1/1000秒の精度で測定および表示ができる世界で唯一の機械式クロノグラフ、マイクロタイマー フライング1000を、続いて2012年には、前例のない5/10,000秒の精度を実現したマイクロガーダー コンセプト ウォッチを誕生させました。今日、タグ・ホイヤーは驚くべき桁数の小数部での計時が可能な機械式および自動巻きクロノグラフを製造できる唯一のスイス時計ブランドとなっています。

タグ・ホイヤーはその歴史を通じて、海、陸、空の時を計測する最前線を走り続けています。日付表示からフライバック針に至るまで、タグ・ホイヤーの技術革新は世界中の高級スポーツウォッチの一流メーカーに採用されています。エドワード・ホイヤーが1886年に発明したマイクロタイマー用の振動ピニオンは、現在、あらゆる機械式クロノグラフで使われています。2004年、ベルト駆動とボールベアリングによる計時方式にリニューアルされたモナコ V4 コンセプト ウォッチは、ジュネーブで熱狂的な人気を博しました。

このような優れた技術革新の伝統は、2010年のタグ・ホイヤー ペンデュラムへと受け継がれました。3世紀に渡って時計製造の基本であったバランスホイールとヒゲぜんまい機構に取って代わる革新的なコンセプトが誕生したのです。時計製造史上初めて、バランスホイールの振動はヒゲぜんまいではなく、磁石によって駆動されるものとなりました。これはとてつもない偉業でした。このようなインスピレーションはどこから得られたものなのでしょう?

それはスポーツ競技との長きに渡る積極的な関わりから生まれたものです。タグ・ホイヤーのモータースポーツとの長年の関係は伝説となっています。1970年代のフェラーリ・チームや25年に渡るマクラーレンF1との栄光の日々。タグ・ホイヤー フォーミュラ1、モナコ、カレラ、グランド カレラ クロノグラフの非の打ちどころのない性能は、このようなスピードと性能への愛から生み出されたものです。それぞれの時計ひとつひとつが、デザイン性、技術力、高性能、高精度を備えた最高傑作です。

また、ヨット、海洋レース、スキューバダイビングなどのマリンスポーツの世界から誕生したアクアレーサーは、海に必須のスポーツウォッチです。アメリカズカップ優勝を目指すオラクル レーシング チームの腕には、アクアレーサーが誇らしげに輝いていました。彼らには、優れたパフォーマンスとほんの一瞬を争うという点で、タグ・ホイヤーとのパートナーシップを結ぶにふさわしい共通の価値観がありました。

このプロスポーツへの情熱は、超軽量のプロフェッショナル スポーツ ウォッチおよびアイコニックなリンク シリーズの開発へとつながりました。絶え間なく技術革新、高性能、高級感を追求するタグ・ホイヤーは、さらなる高みを目ざし続けています。卓越性の追求は、テニスプレイヤーのマリア・シャラポワやF1チャンピオンのジェンソン・バトンなどのスポーツ界のパワフルなアンバサダーとのパートナーシップに反映されています。魅力的なキャメロン・ディアス、アイコニックなスティーブ・マックイーン、中国人の陳 道明、インド人のシャー・ルク・カーンらは、同様にタグ・ホイヤーのカリスマ的アンバサダーであり、タグ・ホイヤーの一貫性、情熱、卓越性を共有しています。

タグ・ホイヤーのメンズ時計は、タグ・ホイヤーのレーシングとの長年に渡る関わり、およびに優れた素材を用いて高精度を追及し続けてきたことによる革新的なタイムピースです。レディス時計においても同様に、高性能と優れた信頼性を尊重するタグ・ホイヤーの価値観を表現されています。タグ・ホイヤーは最も早くからレディス時計のデザインを手掛けてきました。ダイヤモンド、セラミック、マザーオブパールなどの高級素材を使ったタグ・ホイヤーのレディス時計は、エレガントで魅力的なデザインを備えており、女性らしさを際立たせます。

21 5月. セバスチャン・オジェがタグ・ホイヤーと共にモナコでのポルシェ・スーパーカップに登場

現在、世界ラリー選手権(WRC)でトップに立つ、タグ・ホイヤーのアンバサダー、セバスチャン・オジェがF1モナコ・グランプリの間に開催されるポルシェ・スーパーカップのモナコ・ラウンドに出場します。このフランス人ドライバーは、今回のレースのために特別なカラーリングが施されたカップカーを駆り、「タグ・ホイヤー カレラ」のタイムピースとクロノグラフのコレクション誕生50周年を祝います。



当時すでにタグ・ホイヤーがスポンサーとなっていた同じレースでミカ・ハッキネンが戦った20年後、今度はラリードライバーのオジェが、2011年からアンバサダーを務める長年のパートナー、タグ・ホイヤーの支援を受けて、モナコでのレースに挑みます。

「サーキットでのレースを走るためにモナコに来れたことを嬉しく思います。WRCシーズン中のいい気分転換になります。この私に、60年代、そしてポップアートにインスパイアされた、とても個性的なカラーリングが施されたポルシェのアイコン「カレラ」で50周年を祝う機会を与えてくれるなんて!今回のプロジェクトで私を支えてくれているパートナーのタグ・ホイヤーとレッドブルに感謝の気持ちでいっぱいです」とセバスチャン・オジェは語っています。


2013年を通して、タグ・ホイヤーは、伝説のレース、ラ・カレラ・パンアメリカーナへのトリビュートとして1963年に誕生したタイムピース、「カレラ」の節目を祝っています。そして、タグ・ホイヤーが、現在、サポートを行っているモナコ・グランプリも伝説的カーレースという点では決して引けを取りません!2011年からこのグランプリとモナコ自動車クラブのオフィシャルパートナーを務めるタグ・ホイヤーは、レースコースで際立つ存在感を示すだけでなく、そのロゴがボーダフォン・マクラーレン・メルセデス チームのマシン、ドライバーのジェンソン・バトンやセルジオ・ペレス、さらにはF1ロータス チームのドライバーでフランスとスイスの二重国籍を持つロマン・グロージャンのレーシングスーツを飾っています。


「2013年のモナコ・グランプリは、私たちにとって、スタイリッシュな「カレラ」の50周年を祝う素晴らしい機会になり、ポルシェ・スーパーカップにセバスチャン・オジェを迎えることができたことを大変嬉しく思っています。私たちは今年のコミュニケーションテーマが確実に伝わるよう彼のカップカーのカラーリングに共同で取り組みました」と語るのは、タグ・ホイヤーの代表取締役兼CEOジャン-クリストフ・ババンです。

モナコ・グランプリのそれぞれのカテゴリーで少なくとも1名のドライバー(フォーミュラ・ルノー3.5はケビン・マグヌッセン、GP2はフェリペ・ネイサール)が出走することになり、タグ・ホイヤーは、1969年にジョー・シフェールと契約を交わして以来、ドライバーやチームのパートナーであり続けてきたウォッチブランドとして、カーレースにおけるその存在が歴史的に正統であることを今回もまた示すことができます。