マイクロトゥールビヨンズの二大特徴

マイクロトゥールビヨンズは、ダイヤルから見える2つの回転トゥールビヨン機構を備えています。一つは、時刻用、もう一つは、計測用です。時刻用のトゥールビヨンは、毎時28,800回(4ヘルツ)の振動数で動き、ISO3159に準拠したウオッチを制御します。針は、1分間に1回という標準的なトゥールビヨンの速度でダイヤル上を移動します。計測用のトゥールビヨンは、世界最速を実現し、1/100秒を計測するクロノグラフを制御し、ダイナミックに補正された50ヘルツの振動で動きます。つまり、毎時360,000回振動し、1回転あたり5秒または1分間に12回という目も回るスピードで回転します。もう一つ、驚異的とも言える技術が活かされています。二重チェーン構造により、ケージを持たずにスタート/ストップ機能を実現したのです。