04 10月. タグ・ホイヤーのアンバサダー、セバスチャン・オジェがWRC世界チャンピオンを獲得

ラリー・ド・フランスの明け方に、セバスチャンはパワーステージを3位でフィニッシュし、2013年WRCチャンピオンの座を確定しました。セバスチャンは、コ・ドライバーのジュリアン・イングラシアとフォルクスワーゲン・ポロWRCを駆り、現在まで優勝6回、2位2回、そして9つのパワーステージでポイントを重ね、2013年シーズンをほぼ完璧な成績で躍進しています。彼は、3つのラリーを残してタイトル獲得を決め、3人目の世界ラリーチャンピオンになったフランス人ドライバーです。

タグ・ホイヤーのアイウェア&ウォッチのアンバサダーを3年間務める、セバスチャン・オジェは、年間を通してタグ・ホイヤーの製品を腕に着け(タグ・ホイヤー カレラ キャリバー 1887 クロノグラフ)、アイウェアを着用(タグ・ホイヤー LRS アイウェア)しています。パートナーシップ締結から最初の数年間、セバスチャン・オジェは、新たな専門的なアイウェアの開発に携わってきました。そのアイウェアは、WRCシーズン中に彼が耐えた厳しい天候のコンディションでも素晴らしい活躍を見せました(オレンジのアイウェアは「まぶしい昼間」用でナイトビジョン アイウェアは夜間ステージ用)。

2013年、彼とタグ・ホイヤーの関係は、彼のWRCでの驚異のシーズンを超えるものでした。セバスチャンは、製品開発へ参加するとともに、「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」の50周年を祝し、タグ・ホイヤーの特別なカラーリングを施したカップカーで、モナコにてF1グランプリの週末に行われた、ポルシェ・スーパーカップに参戦しました。

2013年FIA世界ラリー選手権のすべてのラリーは、タグ・ホイヤーの計時システムで計測されています。

アンバサダーのバイオグラフィー

セバスチャン愛用のサングラスを見る