トゥールビヨン技術の再生

トゥールビヨン(フランス語で‘渦’または‘旋風’)は、高級時計製作における最も複雑で象徴的な存在です。時計の振動に合わせて速度を調節する精密な機械式システムである、この複雑で精巧な機構は、ムーブメントのバランスホイールとエスケープメントを、回転するゲージの中に収めることにより、重力の影響を克服しています。トゥールビヨンが初めて発明された1801年当時は、非常に画期的な機構で、現在でも、多くの最高級ラグジュアリーウォッチが持つ、伝統的でありながら斬新な特徴の一つに数えられています。それは、ダイヤルの窓を通して垣間見える装飾的で複雑な構造が、人々の心をとらえ、時計職人の高度な技術を示すショーケースとなっているからです。

美しいまでの複雑性を持ちながらも、速度が遅く精度に欠け、特に必要性もありません。こうした理由から、高級ラグジュアリースイス時計ブランドにおいて、最も精度と性能にこだわるタグ・ホイヤーは、これまでにトゥールビヨン・エスケープメントウオッチを手がけたことはありませんでした。しかし、タグ・ホイヤーのサイエンス&エンジニアリング部門は、いかなる狂いも許さないクロノグラフの精度を追求する中で、トゥールビヨンを新しく作りかえ、ただ見た目の素晴らしさだけではなく、あらゆるタグ・ホイヤー製品と同じように、信じられないほどの速度、精度、アバンギャルドな要素を実現したトゥールビヨンを作るという挑戦に挑むことにしたのです。その結果、速度と精度においてあらゆる記録をうち破り、世界初の二大特徴を備えたクロノグラフの土台となる機構ができあがったのです。

{$content}