指輪, STEEL & CERAMIC BLACK, R12WJR2510.050

リング

STEEL & CERAMIC BLACK

商品番号 : R12WJR2510.050

F1スチール&セラミック ウォッチブレスレットにインスパイアされたこの大胆でフェミニンなリングには、1.2mmのダイヤモンドがセットされています。このリングモデルでは、スチールとセラミック、信頼性とエレガンスの両方の世界観を見事に融合しています。スチール&セラミックのリ…

F1スチール&セラミック ウォッチブレスレットにインスパイアされたこの大胆でフェミニンなリングには、1.2mmのダイヤモンドがセットされています。このリングモデルでは、スチールとセラミック、信頼性とエレガンスの両方の世界観を見事に融合しています。スチール&セラミックのリングは、ウォッチデザインと完璧に調和しているだけでなく、大胆に個性を主張します。

重要な特徴

花びらの形をしたリングの縁には、タグ・ホイヤーのロゴマークとウェッセルトンダイヤモンドが装飾されており、魅惑的な仕上がりとなっています。

・ポリッシュ仕上げステンレススチール316L・ポリッシュ仕上げセラミック・1mmのダイヤモンド

機能&特徴

素材とお手入れ

素材:ステンレススチール316L;ブラック セラミック;ダイヤモンド1個
カラー:ブラック
お手入れ方法

レザー

レザーは天然素材を使った製品です。そのため、お客様によるお手入れが必要になります。レザーの種類によってお手入れ方法は異なります。以下ではシリーズごとにお手入れ方法について説明します。タグ・ホイヤーでは、お取り扱い方法の正誤に関わらず、破損、傷、擦れ、破れなどを当社指定の修理業者以外で修理した場合の責任は負いません。

すべてのタイプのレザー

タグ・ホイヤーのレザーは、最高の製革業者から供給されたものです。天然素材であるために全く同じレザーはなく、それこそがタグ・ホイヤーのレザーアイテムが本物であることの証となっています。お客様のレザーアイテムを美しく保つために、以下のことを実行していただくことをお勧めします。

- 水、油、化粧品、香水などに触れさせないようにしてください

- レザーの模様やカラーを長期間保持できるように、長時間に渡って日光、熱、湿度に晒さないでください。

- お手入れは乾いた布のみを使ってください。その他のお手入れ用品は使用しないでください。

ヴィンテージレザー

タグ・ホイヤーのレザーは、最高の製革業者から供給されたものです。天然素材であるために全く同じレザーはなく、それこそがタグ・ホイヤーのレザーアイテムが本物であることの証となっています。傷が付きやすいこの天然で繊細なレザーは、時間の経過と共に美しいつやが出てきます。お客様のレザーアイテムを美しく保つために、以下のことを実行していただくことをお勧めします。

- 水、油、化粧品、香水などに触れさせないようにしてください

- レザーの模様やカラーを長期間保持できるように、長時間に渡って日光、熱、湿度に晒さないでください。

- お手入れは乾いた布のみを使ってください。その他のお手入れ用品は使用しないでください。

コットン

タグ・ホイヤーのジャケットには、最高級素材が使われており、長く着ていただくためには特別なお手入れが必要となります。かならずそれぞれのアイテムのお手入れ方法に従ってください。かならず専門業者によるクリーニングをご利用ください。

ステンレススチール316L

ステンレススチール製のメタリックアイテムは、時間が経過しても色褪せることがなく、特別なお手入れは必要ありません。柔らかな布でお手入れすることをお勧めします。

ブラックPVD

柔らかな布で汚れと指紋を拭き取ることをお勧めします。

サファイアクリスタル

柔らかな布でお手入れすることをお勧めします。

アクリル

柔らかな布でお手入れすることをお勧めします。

アルミニウム

柔らかな布でお手入れすることをお勧めします。

ダイヤモンド

柔らかな布でお手入れすることをお勧めします。

品質

最高級素材と最高の技術力を駆使して作られたこのタグ・ホイヤーのライフスタイルアクセサリーは、タグ・ホイヤーのウォッチおよびクロノグラフと同様に最高傑作と見なされています。スイス時計ブランドとしての150年の歴史にインスパイアされており、各ラインの製品それぞれがタグ・ホイヤーの比類なきクラフツマンシップと品質へのこだわりを表現しています。これらの価値観は、ステッチの1つ1つ、ミラーポリッシュおよびサテン仕上げの表面、刻印され、浮き彫り加工されたあらゆるディテールに見て取れます。タグ・ホイヤーが最高品質のアイテムをお客様にお届けするためには、供給業者を厳格に選定し、製品の販売ルートを常に監視する必要があります。製造工程全体に渡って、製品は数多くのテストを受け、規定の仕上がりになっているか丹念に検査されます。

{$content}