スティーブ・マックィーン

スティーブ・マックィーンは、アメリカ映画界の偉大な伝説的人物の一人ですが、その下積み時代には明るい未来はありませんでした。「俳優として成功していなかったら、ごろつきになっていたであろう」と言った彼は、権力にはむかうタフで独立心旺盛な子供でした。10代のとき、彼は手に負えない少年達が暮らすカリフォルニア州立少年院に収容されました。マックィーンは少年院からの脱走を試みましたが、後に、少年院のおかげで更正できたことを認め、長きに渡ってこの組織を支援しました。