当社について

タグ・ホイヤーの取組み

責任あるウォッチメーカー

 

 

150年にわたり、その類稀なる文化遺産を守り育ててきたタグ・ホイヤーはまた、時計づくりのあらゆる側面での高い倫理観に基づく取組みによって、自然遺産を保護することにおいても極めて重要な役割を担っています。

高い倫理観に基づく行動

 

 

責任ある宝飾のための協議会(RJC

 

タグ・ホイヤーは、採掘から小売に至るまで、ゴールドとダイヤモンドのサプライチェーン全体を通して、高い倫理観に基づく行動、人権・社会権の擁護、環境保護に取り組む全世界260社以上で構成される「責任ある宝飾のための協議会」(RJC)のメンバーです。

この協議会が定めた「RJCシステム」と呼ばれる認証制度がダイヤモンドとゴールドジュエリーのサプライチェーンに関わるメンバーのあらゆる事業活動に対して適用され、RJCシステムに基づき、企業メンバーは、例外なく、RJC行動規範への遵守を検証するための認定第三者監査機関による監査を受け、RJCシステム適合の認証を受けることが義務づけられます。

RJCについての詳細は、www.responsiblejewellery.comをご覧ください。

 

キンバリー・プロセス認証制度(KPCS

 

国連が定める紛争地域を原産地とする未加工ダイヤモンドの流通を根絶するための政府・産業界・民間一体の取組みが、2003年に施行された「キンバリー・プロセス認証制度」(KPCS)と呼ばれるもので、現在75か国以上で採択されています。
KPCSは、これを採択した2か国間で取り引きされる未加工ダイヤモンドそれぞれに証明書を添付することで、そのダイヤモンドが“紛争とは関わり合いがない”ことを保証するものです。

タグ・ホイヤーは、その扱うすべてのダイヤモンドが、国連決議を遵守した、合法的な調達先によってカットされ、武装紛争に関わり合いのあるものではないことを、供給者が作成した保証書により証明しています。

KPCSについての詳細は、http://www.kimberleyprocess.comをご覧ください。

{$content}