マリア・シャラポワ

4歳にしてマリアがいつも持っていたものは古いダンロップのテニスラケットでした。彼女の才能は5歳ですでに明らかでした。モスクワでのマルチナ・ナブラチロワとのトレーニングや米国でのニック・ボロテリーのテニスキャンプに参加したことからもよく分かります。マリアの父親はお金を工面し、フロリダのボロテリーコーチに若いマリアをなんとか指導してもらおうとしました。7歳になったマリア・シャラポワは、テニス界のスターダムへと上り始めます。

詳細を見る

{$content}