自動巻ムーブメント

自動巻ムーブメント グウォッチ

自動巻ムーブメントとは?

自動巻ムーブメントとは、着用者の手首の動きによって巻き上げられる機械式ムーブメントのことです。ローターが軸回転することによって主ゼンマイが巻き直されます。腕時計は、1秒間に6~8回振動する螺旋状のテンプによって調整されています。自動巻ムーブメントは通常70個以上の部品で構成されていますが、キャリバー360の場合は230個以上の部品で構成されています。精度に関しては、わずかにクォーツ・ムーブメントに劣りますが、その誤差はスイス製最高級時計で1か月に数分程度です。

タグ・ホイヤーの<br />自動巻ムーブメント

スイス時計産業の優れた伝統において、すべてのタグ・ホイヤー自動巻ムーブメントはスイス国内で製造されており、極めて厳格な精度基準を満たしています。その高い振動数(毎時21,600回からキャリバー36の毎時36,000回、キャリバー360の毎時360,000回まで)によって、卓越した機械式精度を保証しています。
多くのタグ・ホイヤー自動巻ムーブメントがC.O.S.C. (スイス公認クロノメーター検定協会)認定を受けており、究極の精度と信頼性を誇っています。

パワーリザーブ

タグ・ホイヤーの自動巻ムーブメントは、モデルによって42~48時間のパワーリザーブを備えています。つまり、完全に巻き上げられると夜間は着用しなくても、およそ2日間作動し続けるということです。また、リューズを緩めてポジション1まで引き出し(ただし無理に力を加えないでください)、手動で主ゼンマイを巻き直すこともできます。注意: リューズをポジション0に戻すことを忘れないでください。

ムーブメントのケア

常時稼働しているすべての精密機械と同様に、自動巻ムーブメントも定期的なメンテナンスを必要とします。適切なケアを行うことで、完璧な動作が保証され、長く使い続けることができます。タグ・ホイヤーでは、2年毎のサービス点検と毎年の防水性チェックを受けられることをお勧めしています。正規のタグ・ホイヤー サービスセンターでメンテナンスを受けていただいたすべての時計は、防水性保証が1年間延長されます。

キャリバー
{$content}