タグ・ホイヤー タグ・ホイヤー カレラ

カレラ ウォッチ

タグ・ホイヤー カレラ

モーターレースからインスピレーションを得た最先端のスポーツウォッチ

タグ・ホイヤー カレラ:タイムレスなコレクション。1887年、エドワード・ホイヤーが、「振動ピニオン」によって歴史にその名を刻みます。そして1963年、ジャック・ホイヤーが、伝説のロードレース、「カレラ パンアメリカーナ」にちなみ、コレクションを「カレラ」と命名します。彼は、視認性に優れた大きなダイアルと、途轍もなく過酷なロード上での装着にも耐えられるだけの耐衝撃性と防水構造を備えた堅牢なケースというアイコンとなるデザインをイメージしました。こうして、伝説のシリーズが誕生します。2010年、振動ピニオンが「カレラ」のケースの中で使われ、自社一貫製造のキャリバー・クロノグラフ「キャリバー 1887」が発表されます。ウォッチメイキングシーンへのドラマチックな登場から半世紀の時を経て、タイムレスな魅力をもつ「カレラ」は、タグ・ホイヤーが誇る他の追随を許さないウォッチメイキングの血統とモーターレースの世界で培ってきた遺産を何よりもよく示す存在であり続けています。2013年、タグ・ホイヤーは、50年の時を刻んできた創意工夫のデザイン、画期的なテクノロジーへのトリビュートとして、最高傑作となるタイムピースを世に送り出し、「カレラ」誕生50周年を祝います。

  • 自動巻ムーブメント
    スイス時計製造の技術・ノウハウの結集

  • 最高の視認性を発揮する文字盤の広いスペース

  • 10気圧(水深100 m)防水

  • 暗闇や水中でも
    最高の視認性を発揮
    夜光インデックス指針

  • 誤って金具がはずれるのを防止するセキュリティ・システム付フォールディングバックル

{$content}